About

剪定について

面倒なお庭のお手入れを迅速かつ綺麗に仕上げるプロ

庭木や植え込みを綺麗に保つためには、定期的な剪定でのメンテナンスは欠かせない作業です。種類によって枝が伸びる時期やスピードも違うため、それぞれの植物の特徴を把握したうえでのお手入れが大切です。知識とノウハウの豊富なプロとして、お庭の環境に合わせたお手入れを徹底し、美観を保つお手伝いをいたします。

造園土木工事18

剪定を行うメリット

剪定は樹木のお手入れであり、木の見た目を美しく保つ為には欠かせない作業です。
木は成長によって枝の長さがバラバラになることが多いため、バランスを整え、成長の妨げになるような枝は切ってしまいます。そうすることで木の成長を促進させたり、風通しがよくなり害虫の発生を防いだりなど、さまざまな効果があります。

樹木の剪定は、健康的、衛生的、快適に生活をする上で欠かせない作業です。
剪定をしないお庭は、日を遮り、害虫の発生の原因になります。そうならない為にも専門知識のある剪定のプロに依頼する事が必要です。
造園土木工事16

防犯対策に剪定を

剪定のされていないお庭は、日当たりが悪くなるばかりではなく、空き巣の標的になる危険性もあります。木に覆い隠されたお庭は、目隠しの効果はありますが、中がみえないため、空き巣が入っても誰も気づく事はありません。また、乱雑なお庭は、家主の方のだらしなさとイコールするという統計もあり、より空き巣の標的になりやすいようです。
剪定と聞くとお庭の美観ばかりに目がいきがちですが、防犯対策の為にも剪定をすることが大切です。
そして、防犯上最適に機能するようにバランスよく庭木の剪定をするには、プロの技術・知識は欠かせません。まずはご相談からでも承ります。気軽にご連絡ください。
造園土木工事15

美しい剪定をするためのハサミ

剪定屋の仕事は美容師とよく似ています。美容師さんは、思い通りのカットをする為に技術を磨き、良い道具、用途に合わせた道具を買います。剪定屋も同じです。どれだけ高い技術をもっていても道具がダメだったり、用途に合っていなかったりしては、良い剪定はできません。
現代では、DIYの流行もありご自身で剪定をする方が増え、ホームセンターには沢山の剪定用のハサミが販売されています。しかしながら、道具に関して知識がなく間違ったものを選んでしまう方が多くいるようです。
特殊伐採とは

特殊伐採とは

樹の伐採と聞くと大掛かりな作業をイメージする方が多いかもしれません。ただ、根から倒すことは十分なスペースや時間をを要する場合があります。その場合、住宅街や傾斜、電柱が近かったりと様々な条件によって断念せざる終えないと多いかと思います。
しかし、現代の流行は特殊伐採を用い、様々な条件下でもプロが伐採できる環境が整っています。
こんな場合におすすめ

こんな場合におすすめ

【樹の近くに建物がある】
ご自宅の庭木が伸びて伐採が必要になった場合、自宅や周囲の住宅を傷つけることもあるため、近隣トラブルを避けるためにも特殊伐採が望まれるケースがあります。
【電柱が近くにある・電線に枝が絡んでいる】
無理に伐採しようとすると電線を切ってしまったり、電柱を倒してしまいかねません。その場合、周辺が停電したり、大きな事故にも繋がる可能性が高いので特殊伐採をおすすめします。
【街中での伐採】
クレーン車などは完全に入る隙間がないので、ロープでの作業になることがほとんどです。
【障害物が多い施設など】
学校や病院、公園、神社、寺院などの一般の庭より障害物が多い場合、歴史的価値が高いものなどに傷をつけたくないなどの場合も特殊伐採が望まれます。
  • ロープ
    ロープ
    樹に上る
  • チェーンソー
    チェーンソー
    樹をカットする
  • ウィンチ
    ウィンチ
    命綱のような役割
  • ブロック(滑車)
    ブロック(滑車)
    どんな重いものでも簡単に移動
  • ポーターラップ
    ポーターラップ
    狭いスペースでも動きやすい

美しい剪定をするためのハサミ

造園土木工事3
剪定屋の仕事は美容師とよく似ています。美容師さんは、思い通りのカットをする為に技術を磨き、良い道具、用途に合わせた道具を買います。剪定屋も同じです。どれだけ高い技術をもっていても道具がダメだったり、用途に合っていなかったりしては、良い剪定はできません。 現代では、DIYの流行もありご自身で剪定をする方が増え、ホームセンターには沢山の剪定用のハサミが販売されています。しかしながら、道具に関して知識がなく間違ったものを選んでしまう方が多くいるようです。
剪定屋の仕事は美容師とよく似ています。美容師さんは、思い通りのカットをする為に技術を磨き、良い道具、用途に合わせた道具を買います。
剪定屋も同じです。どれだけ高い技術をもっていても道具がダメだったり、用途に合っていなかったりしては、良い剪定はできません。
現代では、DIYの流行もありご自身で剪定をする方が増え、ホームセンターには沢山の剪定用のハサミが販売されています。
しかしながら、道具に関して知識がなく間違ったものを選んでしまう方が多くいるようです。

道具には大きく2つのポイントがあります。剪定ばさみの「大きさ」と「可動域」です。
「大きさ」は効率良く力を伝え、楽に剪定をする為に重要です。基本的に手に収まるサイズが理想です。サイズのあったハサミで剪定する事で、手を痛める事がなく、うまく力を伝える事ができます。 「可動域」は、大小さまざまな枝をカットする為に重要です。
可動域が広すぎても手に収まらなくなりますし、狭すぎても太い枝などがカットできません。その為、用途を考え、適切な可動域のものを選びましょう。
また剪定をするハサミには幾つかの種類があります。以下のようにカットする場所や状況によってハサミを使い分けています。

  • 剪定はさみ
    剪定はさみ
    枝をカットする
  • 芽切ばさみ
    芽切ばさみ
    芽や茎をカットする
  • 高枝ばさみ
    高枝ばさみ
    高所の枝をカットする
  • 刈込みばさみ
    刈込みばさみ
    枝を大胆に刈り込む
  • 摘花ばさみ
    摘花ばさみ
    花を間引いたりする

プロはこのように幾つかのハサミを使い分けて剪定をしております。
もちろん技術があってこそですが、美しい剪定をするには、適切なハサミ選びが大切です。

剪定に適切な時期
剪定には庭木の種類によって適切な剪定時期があります。また、季節ごとで剪定の仕方も異なります。
庭木の種類による剪定
造園土木工事11

常緑広葉樹(サツキ、ツバキ、カシなど)

暖かい気候の時が剪定時期です。
寒い冬の「強い剪定」は、成長の妨げになり、寒さの影響を受けやすくなります。逆に暑い夏の「強い剪定」も樹勢を弱める効果があります。その為、しっかりと剪定をするには、4月~5月の暖かい時期がおすすめです。
造園土木工事12

常緑針葉樹(コニファー類、マツなど)

寒さに強い樹木の為、冬でも剪定ができます。
但し、整ったキレイな枝葉を作るには、新芽が動きだす前(3、4月)の「強い剪定」がおすすめです。その後の成長に応じて軽く剪定してあげるとより綺麗に仕上がります。
造園土木工事18

落葉広葉樹(ハナミズキ、ヤマボウシなど)

落葉後(冬)が剪定時期です。
落葉後(冬)に剪定することで、花芽と葉芽を見分けて剪定ができ、綺麗な造形を造る事ができます。
季節ごとの剪定
春の剪定

春の剪定

春の剪定は、春の時期に咲かせた花枝の整理です。
花が咲き終わった直後に、一花咲かせた古い枝の整理をしながら剪定します。そうすることで新しい枝の生育を助け、次年も綺麗な花が咲くようなります。
造園土木工事25

夏の剪定

夏は枝の成長が著しい時期で、そのあちこちに伸びた枝や葉をバランスよく剪定します。
自由に成長してしまった木は、日光を遮り、風通しが悪くなり、害虫の発生の原因になります。そうならない為にも夏の剪定は大切です。
造園土木工事28

秋の剪定

暖かい時期から徐々に寒くなる秋の時期の剪定は、常緑樹と落葉樹で異なります。
寒い時期に強い落葉樹は秋は剪定をするのにベストなシーズンです。但し常緑樹はあまり強い剪定をし、枝葉の量を減らしてしまうと人間でいう風邪を引いた状態になってしまいます。
造園土木工事5

冬の剪定

冬の寒い時期は樹木は休暇期間です。
人間で言えば寝ている状態で、寒さに強い落葉樹は強い剪定をし、寒さに弱い常緑樹は、強い剪定をさけ気温があがるのを待ちます。
造園土木工事9

熊谷市の剪定なら横田造園へ

熊谷市、さいたま市を中心に埼玉県全域対応しており、法人様や個人様、お仕事の大小は関係なく幅広い剪定にご対応します。剪定のことなら剪定のプロ横田造園にお任せください。